2018年3月6日火曜日

料理家・スズキエミさんのあんこ本「あんこのじかん」





料理家・スズキエミさんのあんこ本「あんこのじかん」。
通常の出版流通にはのせていないリトルプレスですが、
cotogotoでもお取り扱いしております。

スズキエミさんは、連載「季節の恵みを大切にいただく保存食暦」でも
ご登場いただいている料理家さん。

素材の持ち味を生かした季節を感じる料理が人気ですが、
“あんこ名人”としても知られています。

そんなスズキエミさんが、デザイナー・川添藍さんと
イラストレーター・内田有美さんと、
あんこにまつわるリトルプレスをつくりました。


■「あんこのじかん(スズキエミ)」 1,000円(税抜)

「出回っている簡潔なレシピではなく、温度があり、
読む人に寄り添ったものをつくりたかった」というその本は、
白い湯気に包まれながらコトコトとあんこを炊く、
その時間のあたたかさや清々しさのようなものが、
ふわりと立ち上がってくる一冊です。


この表紙も含め、各ページのビジュアルは、
すべて内田有美さんによるイラスト。
写真と見紛うほどの精巧さ。
それでいてあたたかな雰囲気が立ち上がってくるのは、
やはりイラストならではなのかもしれません。

そして、丁寧にしたためられたレシピには、
スズキさんが何度も何度もあんこを炊いて得た、
“塩梅”や“頃合い”が詰まっています。

「小豆のうたを聴きながら」あんこを炊く、
そんな心がしんと落ち着いてくるような時間と、
出来上がるあんこの美味しさをぜひお楽しみください。


実店舗のみでのお取り扱いとなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っております。
また、オンラインショップで他の商品もご注文の方には、同梱も可能です。
備考欄にご希望の旨をご記入ください。





cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2018年3月5日月曜日

素朴なかたちとのびやかな絵付けが魅力の大日窯の酒器



民芸の器として知られる、有田焼の窯元「大日窯(だいにちがま)」から
「徳利」と「猪口(ちょこ)」が新入荷です。



1958年開窯。現在3代目の大日窯は、
代々、絵付けに使う絵の具も釉薬も
自家製にこだわり作陶しています。
やわらかい白色の磁肌と淡い呉須、
時折入る赤絵がアクセントに。
酒器も、ふっくらとやさしいかたち。
こんな「徳利」と「猪口」でお酒を飲んだら、
心からくつろげそうです。

柄はそれぞれ3柄。
「徳利」と「猪口」は別売りですが、
柄を揃えればセットとしてお使いいただけます。


■「徳利 野菊(大日窯)」 2,200円(税抜)


■「猪口 野菊(大日窯)」 1,200円(税抜)


■「徳利 剣先(大日窯)」 2,200円(税抜)


■「猪口 剣先(大日窯)」 1,200円(税抜)


■「徳利 線巻 赤(大日窯)」 2,300円(税抜)

上の2柄と違うのは、染付に加え赤絵が施されているところ。
素焼きに呉須で絵付けをし、釉薬をかけて焼成後、
赤絵を施しさらに焼成しています。


■「猪口 線巻 赤(大日窯)」 1,300円(税抜)

<サイズ>
徳利:約φ67×H110㎜
猪口:約φ52×H37㎜

<容量>
徳利:約180ml(満水)/144ml(8分目)
猪口:約48ml(満水)/38ml(8分目)


普段から使っている器にも馴染みやすく、
1合よりちょっと少な目な量は飲みすぎ防止にも
ちょうどいいサイズ感です。

「徳利」は一輪挿し、「猪口」は豆鉢のようになど、
いろいろな使い方をお楽しみください。



オンラインショップからご購入いただけます。
こちらをご覧ください。









cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休