2017年8月10日木曜日

ほんのりショコラテイスト!プシプシーナ珈琲のカフェオレベース



厳しい残暑が続いていますが、
そんなぐったり感を吹き飛ばしてくれるような
美味しい飲み物が入荷しました!
香川県高松市にあるコーヒー自家焙煎の店「プシプシーナ珈琲」の
「カフェオレベース」です。



■「カフェオレベース (プシプシーナ珈琲)」
1,000円(税抜)
500ml入り
原材料:コーヒー、砂糖(甜菜糖)


世界中から選び抜いた良質なコーヒー豆を使ったこだわりの味に、
多くのファンを持つプシプシーナ珈琲。
焙煎前と焙煎後の2回に分けて、
ハンドピックで不良のある豆を徹底的に取り除くことで、
雑味のない透き通った味わいを追求しています。



そんなプシプシーナ珈琲のコーヒーを使ったカフェオレを
お家で手軽に楽しめるのが「カフェオレベース」です。
飲み方は簡単。牛乳と1:1で割るだけ。
ビターチョコレートのようなほろ苦い甘さが広がります。



牛乳以外にも炭酸水と割ったり、アイスクリームにかけたり、
様々な方法で楽しめます。



水出しコーヒー」や、
コーヒーのお供にぴったりの「ショウガトウ」と一緒に、
まだまだ続く夏の定番にいかがでしょうか。


こちらの商品は現在実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。



cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2017年8月5日土曜日

背筋が伸びるような美しさ、東屋の靴べら



熟練の職人とともに、ものづくりに取り組む「東屋」から、
竹工芸の老舗「竹清堂(ちくせいどう)」がつくる
美しい竹の「靴べら」が入荷しました。




■「靴べら (東屋)」 
5,524円(税抜)
サイズ:約30×760mm
素材:真竹


すらりと長い靴べら。
なんと76cmも長さがあります。
その理由は、靴を履くときに、
わざわざかがむ必要がないように。
細く美しく、どこか控えめな印象なので、
長くても玄関で邪魔になることはなく、
むしろ出しておきたくなるくらい素敵です。

素材は九州産の真竹。
節と節の間が長いものを選び抜き、
頭とお腹のあたりの2ヵ所だけ
アクセントのように節がくるようにつくられています。




竹そのもののよさを活かしながらも、
一本一本手作業で過不足なく整えられたかたち。
すっと足を靴の中に導いてくれます。

つくっているのは、
現在実店舗で開催中の「かご・ざる展」でも取り扱っている
竹工芸のつくり手、竹清堂。
東京の桜上水に工房をかまえ、明治40年から続けています。
靴べらのような暮らしの道具だけでなく、
国立能楽堂などへ能舞台のつくり物も納入しています。



頭の部分には、上から東屋のロゴと、竹清堂のロゴ。
掛けておけるように、穴も開いています。

使っていくと、徐々に白っぽい竹の表面は
落ち着いた飴色に変わっていきます。
ぜひ長く使っていただきたい道具です。

こちらの商品は現在実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。



cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休