2017年6月8日木曜日

台所仕事を快適に。conteのまかないボウル、ザル、バット



実店舗では、日本を代表する金属加工の集積地である
新潟県燕市の技術を活かした台所道具のブランド「conte(コンテ)」の
お取り扱いをはじめました。



conteは、燕の金属加工メーカー「一菱(いちびし)金属株式会社」と、
高橋工芸瑞々などのデザインでお馴染みのデザイナー・小野里奈さんの
コラボレーションにより生まれました。

そんなconteから届いたのが、
縁を巻かないで仕上げた「まかない」シリーズ。
ボウル、平ザル、丸バットの3種で、それぞれ3サイズ展開です。



上から時計回りに
■「まかないボウル (conte)」 
130:1,800円 180:2,400円 220:3,200円(すべて税抜)
■「まかない平ザル (conte)」 
130:1,400円 180:1,800円 220:2,400円(すべて税抜)
■「まかない丸バット (conte)」 
130:1,200円 180:1,500円 220:1,800円(すべて税抜)
※写真は130のサイズ


一般的なボウルは縁がカールしているので、
汚れがたまりやすいのが気になるところ。
「まかないボウル」は縁を巻いていないので、
洗いやすく、清潔に使えます。
縁をカールさせずに仕上げるためには、
縁の強度を上げたり、仕上げに手間をかける必要があり、
燕の技術が惜しみなく発揮されています。

さらに深さがあるので卵などを攪拌しやすく、
直径のわりに見た目以上に大容量。
適度な重さで安定感もあります。
シンプルですが、使いやすさを追求したデザインなのです。


▲「まかないボウル」+「まかない平ザル」で水切り


▲「まかないボウル」+「まかない丸バット」で保存容器に


▲「まかない平ザル」+「まかない丸バット」で水切り

ボウルにあわせてつくられた「まかない平ザル」は、
「まかないボウル」の上にセットして、
茹でた野菜の水切りや豆腐の水切り、出汁漉しに。
ボウルに「まかない丸バット」をかぶせれば、
ラップ代わりの蓋になります。
「まかない平ザル」と「まかない丸バット」を組み合わせることも可能で、
食卓で鍋をするときの野菜の水切りなど、
「まかないボウル」よりもコンパクトに
水切りしたいときにおすすめです。
「まかない丸バット」は単独でバットとしてはもちろん、
プレートやトレイとして使っても。

それぞれ別売りなので、用途に合わせて買い足せるのもうれしいポイント。
入れ子にして、すっきり収納することも可能です。
台所仕事をさりげなく快適にしてくれそうな、期待の新商品です。

=======================

素材:ステンレス

サイズ
「まかないボウル」
130:φ138×H78mm(容量640ml)
180:φ183×H103mm(容量1600ml)
220:φ225×H126mm(容量3000ml)

「まかない平ザル」 
130:φ140×H14mm
180:φ188×H14mm
220:φ227×H14mm

「まかない丸バット」 
130:φ140×H18mm
180:φ188×H18mm
220:φ227×H18mm

=======================


こちらの商品は、現在実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休