2017年5月25日木曜日

優しく可憐。葛西国太郎さんの豆皿と箸置き



九谷青窯出身の陶工・葛西国太郎さんから、
花を象った白い豆皿と箸置きが入荷しました。



石川県の窯元・九谷青窯で修行後、
2016年に独立し、現在は京都にて作陶を続ける葛西さん。
「HANI(ハニ)」というブランドを立ち上げ、活動しています。
HANIとは、陶器や瓦、埴輪などをつくるときに
使われる土「埴(はに)」に由来し、
1つの土から食事が楽しくなるような器をつくっています。

そんな葛西さんから届いたのは、
落ち着いた白くマットな質感の豆皿と箸置き。
それぞれ「ROSETTE(ロゼット)」「MUM(マム・菊)」
「ANEMONE(アネモネ)」「HANAMIZUKI(ハナミズキ)」の
4種類の花をモチーフにつくられています。



左上から時計回りに
■「白マット豆皿 ROSETTE (葛西国太郎)」
■「白マット豆皿 MUM (葛西国太郎)」
■「白マット豆皿 ANEMONE (葛西国太郎)」
■「白マット豆皿 HANAMIZUKI (葛西国太郎)」
各1,800円(税抜)

サイズ:
約W88×D88×H18mm

手のひらサイズの豆皿は、
ちょっとしたお菓子や薬味をのせるのにはもちろん、
アクセサリートレーとしてなど、インテリアにも取り入れたくなります。



左上から時計回りに
■「白マット箸置き ROSETTE (葛西国太郎)」
■「白マット箸置き MUM (葛西国太郎)」
■「白マット箸置き ANEMONE (葛西国太郎)」
■「白マット箸置き HANAMIZUKI (葛西国太郎)」
各1,200円(税抜)

サイズ:
約W50×D50×H18mm

豆皿をそのままぎゅっと小さくした、
ころんとしたかたちの箸置き。
くるっと縁が立ちあがっていて深さがあります。



豆皿も箸置きも、裏側にはブランド名である「HANI」の文字が。



食卓に並べれば、可憐な花が咲いたよう。
優しい白色なので、取り入れやすく、
他の器とも馴染みやすい可愛らしさです。


こちらの商品は現時点では
在庫分のみのお取り扱い予定です。
再入荷の予定はございません。
また実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休