2017年4月27日木曜日

後藤義国さんの粉引のうつわ



実店舗では、栃木県の作家、後藤義国(ごとうよしくに)さんの
うつわのお取り扱いをはじめました。



やきもののまち、栃木県の益子町で独立し、
現在はお隣、茂木町で作陶を続ける後藤さん。
毎年、益子の陶器市ではすぐに完売してしまう人気のつくり手です。



後藤さんのうつわといえば、
「粉引(こひき・こびき)」と「鎬(しのぎ)」と呼ばれる技法で有名。
粉引は、素地の上に「白化粧」と呼ばれる白い化粧土を施し、
透明の釉薬で仕上げることで、
土の質感を感じるやわらかく温かな表情が魅力的です。

そして鎬とは、うつわの側面を鉋などで削って
つけられた模様のこと。
線の太さによって印象が大きく変わります。




上から時計回りに
■「鎬 5寸皿 (後藤義国)」 2,000円(税抜)
■「鎬 6寸皿 (後藤義国)」 3,500円(税抜)
■「鎬 7寸皿 (後藤義国)」 4,200円(税抜)

サイズ:
5寸皿 約φ150×30mm
6寸皿 約φ180×35mm
7寸皿 約φ210×35mm



適度に縁が立ちあがっていて、
使い勝手のよさそうな3サイズの平皿。
中心から放射線状にあしらわれた鎬が、菊の花のようにも見えます。




上から時計回りに
■「内しのぎボウル S (後藤義国)」 2,500円(税抜)
■「内しのぎボウル M (後藤義国)」 3,200円(税抜)
■「内しのぎボウル L (後藤義国)」 4,000円(税抜)

サイズ:
S 約φ135×48mm
M 約φ160×53mm
L 約φ170×63mm



しっかりと深さのあるボウルは、
内側に鎬が施されています。
こちらも平皿同様に3サイズ展開です。




■「鎬カップ (後藤義国)」 1,700円(税抜)
サイズ:約φ85×60mm



平皿やボウルに比べて細い鎬が施され、
華奢な印象のカップ。1サイズのみです。
お茶やコーヒーなど飲み物を入れるのにはもちろん、
蕎麦猪口のような使い方もできそうです。
副菜をちょこっと盛るにもちょうどいい大きさです。
どのうつわにも、裏側の高台の内側には、
後藤さんのロゴ「y」の文字が。



(▲平皿は6寸皿、ボウルはSを使用)

やわらかなクリーム色に近い白色は、
他のどんなうつわとも相性抜群です。
和洋問わず、やさしく受け止めてくれるので
自然と手が伸びるうつわになりそうです。


なお、粉引のうつわは、
貫入から水がしみ込み、シミになりやすいのが特徴。
水のシミは乾けば消えますが、
油のシミの場合はとれなくなってしまいます。
このようなことを防ぐために、
はじめて使う際には、米のとぎ汁で煮立たせる
「目止め」を行うことをおすすめしています。
詳しくはこちらをご覧ください。
→「使い方・お手入れ手帖 やきもの


こちらの商品は実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休