2017年1月28日土曜日

使い勝手が良くなった、金網つじの焼き網



京都の「金網つじ」から
「セラミック付き焼き網」が入荷しました。



金網つじは、「現代の生活に溶け込む商品づくり」をコンセプトに、
京都で細かな細工の調理器具を作っている老舗メーカー。
京料理を支える調理道具として、
平安時代から受け継がれる京金網をつくっています。

特にこの「セラミック付き焼き網」は美味しくパンが焼ける!と
近年話題になっているアイテム。
メディアなどで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

cotogotoでは以前よりお取り扱いがありましたが、
このたびより使いやすく改良されて再入荷しました!



新しくなったのは、このセラミック網の部分。
金網つじの焼き網は、ステンレスの網だけでなく、
このセラミック網があることで遠赤外線の効果で
様々な食材を美味しく焼けることが特徴。
しかし、以前のセラミック網は
洗うことができず、割れやすいという問題がありました。

そこで、このセラミック網をプレート型にすることで、
洗うことができて、割れにくいよう改良。
洗えるようになったことで、ウインナーなど
多少汁が滴るものでも焼けるようになりました。
(大量の焼き汁が出る食材はお避けください)
さらに、遠赤外線効果が高まり、焼き上がりも早くなったそう。



また以前のものに比べると、少し薄手になったので、
収納にも便利になっています。

より使い勝手が良くなった焼き網は、
これまでどおり、「機械編み」と「手編み」の2種類展開です。



■「セラミック付き焼き網 機械編み (金網つじ)」
小 6,500円/大 8,300円(すべて税抜)

サイズ:
小 縦16cm×横16cm 柄7cm 高さ3.5cm
大 縦22.5cm×横22.5cm 柄9cm 高さ3.5cm
材質:上部 ステンレス 下部 セラミック



■「セラミック付き焼き網 手編み (金網つじ)」
小 9,000円/大 12,000円(すべて税抜)

サイズ:
小 縦16cm×横16cm 柄7cm 高さ3.5cm
大 縦22.5cm×横22.5cm 柄9cm 高さ3.5cm
材質:上部 ステンレス 下部 セラミック



「機械編み」と「手編み」の違いは、網目を見れば一目で分かります。
「機械編み(左)」は方眼紙のようにきれいに目が並んでいますが、
「手編み(右)」は亀甲模様です。
「手編み」は手間がかかり、一日10枚程度しかつくれない貴重なものです。

大きさは「小」と「大」の2種。
「小」はトースト1枚分にぴったり。
1~2分で美味しく焼き上げることができます。
「大」はウインナーや野菜、家族分のお餅など
まとめて焼けるので便利です。

セラミック編みは、毎日使った場合1年程度で
遠赤の効果が弱くなってくるので、買い替えをおすすめしています。
その場合、セラミック網のみの販売もしております。
小:4,500円/大:3,500円(すべて税抜)


こちらの商品は実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休