2016年11月25日金曜日

一年の無病息災を願って、お正月に飲む「大福茶」



おせちやお雑煮と言えばお正月の料理。
実は、お茶にも“お正月のお茶”というのがあるのです。
その名も、めでたい「大福茶(おおふくちゃ)」。



始まりは、平安時代までさかのぼります。
都に疫病が流行したときに、
ある僧がお茶によって人々を救ったとか。
その徳にあやかろうと、時の天皇が毎年元旦にそのお茶を服するようになり、
これを「王服茶(皇服茶)」と呼ぶようになりました。
その後、幸福の福の文字を当て「大福茶」となり、
お正月に一年の無病息災を祈っていただく縁起のよいお茶として
今に伝わっています。






cotogotoでは、鹿児島のお茶屋さん「すすむ屋茶店」の「大福茶」をご用意。
「大福茶」は、地域や各お茶屋によって中身はさまざまですが、
「すすむ屋茶店」のものは、「玄米茶」。
新しい一年も食べ物、飲み物に困らないようにという願いが込められています。




ころんとしたかたちと包み紙に趣のある紙パッケージ。
■「大福茶 小包(すすむ屋茶店)」 80g 600円(税抜)






保管もばっちり。ちょっとあらたまった雰囲気の缶入り。
■「大福茶 缶入り」 80g 820円(税抜)






贈答用には、「缶入り」をさらに箱に入れ、包装紙を巻いたものを。
■「大福茶 ギフトボックス入り(缶)」 80g 1,000円(税抜)






手軽に飲めるティーバッグ。
■「大福茶 ティーバッグ」 3g×8個 600円(税抜)





おせち料理やお屠蘇(おとそ)と一緒に、
ぜひ来年は「大福茶」で
さらに縁起のよい一年のはじまりを迎えられますように。




cotogoto (コトゴト)新店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休