2016年7月30日土曜日

イイホシユミコさんの黒文字「meshibe」



磁器作家でありながら、
プロダクト製品のプロデュースもこなすイイホシユミコさん。
最早知らない人はいないのではないかと思うほどの、人気のつくり手です。

そんなイイホシさんの新作が、
花の「めしべ」をモチーフにつくられた黒文字「meshibe」です。


■「黒文字 meshibe (イイホシユミコ)」 
(左から)ステンレス:700円/銅:800円(すべて税抜)
サイズ:W23×H100mm

黒文字とは和菓子を食べるときに使うカトラリー。
羊羹や練り菓子など、食べやすい大きさに切り分けるときに重宝します。

イイホシさんのプロデュースする黒文字は、
花のめしべのようなかたち。
フルーツやチーズのピックとしても使えるので、
用途を和に限りません。



素材はステンレスと銅の2種類。
銅は経年変化を楽しめるという魅力もあります。
左が銅の新品、右が1週間ほど使ったものです。
使うほどに味が出て、愛着が生まれます。



お客様用にはもちろん、普段のおやつにも使ってみてください。
さりげなく、特別な時間を演出してくれるでしょう。


◎イイホシユミコさんの他の商品についてはこちら





cotogoto (コトゴト)店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



水玉模様の気泡が愛らしい、「ガラス工房 橙」の新作



長野県東御市の「ガラス工房 橙」から新作が届きました!



地元の特産品である、くるみの殻を灰にし、
ガラスの原料に混ぜ込んだ「くるみガラス」が人気のガラス工房 橙。
控えめで上品な薄緑色のガラスと、手吹きらしい柔らかな曲線が特長です。

◎ガラス工房 橙を訪ねたときの様子はこちら


そんなガラス工房 橙から新しく入荷したのは、
水玉模様のように見える気泡が愛らしいグラスとドレッシング入れです。



■「くるみガラス スタンダードグラス (ガラス工房 橙)」 
(左から)S:2,200円/M:2,500円/L:3,000円(すべて税抜)

使い勝手の良い3サイズのグラス。
全体に小さな気泡がぐるぐると施されていて、
見ているだけで涼やかな気持ちになります。




以前からお取り扱いしている「くるみガラス タンブラー」と
ほとんど同じようなサイズ展開なので、
組み合わせて使っても素敵です。


※サイズ詳細
S:約φ63×H90mm
M:約φ70×H110mm
L:約φ75×H130mm




■「くるみガラス ドレッシング(たて) (ガラス工房 橙)」 
2,800円(税抜)

同じデザインのドレッシング入れもあります。
縦長でしっかりと深さがあるので、
攪拌するときも安心です。


※サイズ詳細 約W68×D58×H90mm(注ぎ口含む)



グラス、ドレッシング入れともに
裏側には寺西さんのサイン「Tera」の文字が美しく入れられています。
さりげなく細部まで趣向が凝らされたデザインです。

◎ガラス工房 橙の他の商品についてはこちら





cotogoto (コトゴト)店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休