2016年10月1日土曜日

家事問屋の調味料用ボール・マッシャー・ほね抜き





金物加工の産地・新潟県燕三条で、
ステンレスなどの素材を使った生活の道具を手がける「家事問屋」から、
料理の効率をアップするアイテムが入荷しました。






まずは「マッシャー」。

ワイヤー部分を手のひらと指先で支えることで、
握りやすく力を入れやすいことが特長です。
ジャガイモやサツマイモ、ゆでたまごなど、
どんなものでも細かくしっかり潰せます。

さらにすごいのは、なんと先端の丸の部分の直径は
一般的なツナ缶などの缶詰の直径に合わせてあるため、
ツナ缶の油切りやコーン缶の水切りにも使えるんです。
これはあると便利です!



■「マッシャー (家事問屋)」 1,200円(税抜)
サイズ:φ70×H130mm
素材:18-8ステンレス






骨抜きは魚を調理するときに必要なアイテム。
特に小さなお子さんや高齢の方がいるご家庭では
細かな骨まで抜かなければならず、
骨抜きの使いやすさは大事ですよね。

家事問屋の「ほね抜き」は、
先端が斜めにカットされているので、
小骨が見やすく、狙いが付けやすいんです。
バネの部分は薄く削ってあるので、
軽い力で握れて疲れにくく、
力の弱い女性のことを考えてつくられています。
サイズも女性の手に合わせて設計されているんだとか。

また職人の高い技術により、
刃先を合わせた時の隙間はゼロ。
刃先から骨が抜けてしまう心配もなく、
効率よく作業ができそうです。



■「ほね抜き (家事問屋)」 800円(税抜)
サイズ:W120×D20×H13mm
素材:13-0ステンレス







そして、「小分け調味ボール」は調味料の下準備にぴったりな
目盛と注ぎ口のついた小さなボール。
3サイズ別売りです。

予め調味料を計量しておくことで、
手際よく調理ができることは言うまでもありません。
このボールがあれば、計量スプーンも使わずに、
スマートに調味料を用意しておけそうです。

どのサイズも縁が無いデザインなので、
汚れがつきにくく洗いやすいのもポイント。

一番小さな「6(直径5.6cm)」は
マヨネーズやケチャップのディップ皿として食卓に出しても。
「7(直径7.2cm)」は、「油引き」の
受け皿にちょうどいいサイズです。
一番大きな「8(直径8.8cm)」は、
水溶き片栗粉をつくったり、調理中のお玉やスプーンなどの
受け皿としてもぴったりです。



■「小分け調味ボール (家事問屋)」
6:400円 7:500円 8:600円(すべて税抜)

サイズ 6:φ56×H24mm 7:φ72×H30mm 8:φ88×H36mm
素材:18-8ステンレス







cotogoto (コトゴト)店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休