2016年10月29日土曜日

軽やかな佇まいの刺し子クロス(COOVA)



「使う人が自由に使い方を発見し、
暮らしの変化や、装いにあわせて
ともに成長し続けられるような布」
を目指して布づくりをするブランド「COOVA(コーバ)」。

つくり手の瀬谷志歩さんが、
手織りと機械織りの間にあるような
布づくりをしています。

今回入荷したのは、
素朴な刺子の布を、手縫いではなく織りで表現したクロス。
日常で気持ちよく使ってもらえるような、
手跡の過ぎない、軽やかな佇まいの刺し子です。




左から
■「刺子クロス S ターコイズ(COOVA)」
■「刺子クロス S イエロー(COOVA)」
■「刺子クロス S グレー(COOVA)」
各1,700円
サイズ:35×35cm/素材:麻 100%



左から
■「刺子クロス L ターコイズ(COOVA)」
■「刺子クロス L イエロー(COOVA)」
■「刺子クロス L グレー(COOVA)」
各2,600円
サイズ:47×70cm/素材:麻 100%


ターコイズ・イエロー・グレーの3色展開で、
それぞれに違った世界が広がっています。



サイズはSとLの2種類。
Sに対してLは横が2倍、縦が1.5倍の大きさ。



布は厚手なので、
しっかり吸水してくれます。
ざっくりと頼もしい風合いで、
やや気ままに縫われたような印象の刺子を目指しているそう。
使い込むと柔らかく肌に馴染んできます。



スタッフの間でも早速人気で、
ランチョンマットのように使ってみました。
他にもキッチンクロスとして、部屋の中の目隠しとして、
あらゆるシーンで活躍してくれるアイテムです。






cotogoto (コトゴト)店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



「八尾和紙」に染められた芹沢銈介の型染カレンダー



今年もあと2ヵ月。
そろそろ準備しはじめるもののひとつが、
カレンダーではないでしょうか。
富山市八尾町にある和紙のつくり手「桂樹舎」から、
卓上カレンダーが届きました。

古くから良質の和紙づくりの里で知られる富山市八尾町。
そこでつくられる和紙は、「八尾和紙」と言い、
富山市の伝統工芸のひとつです。

「桂樹舎」は、八尾町で50年にわたり、和紙を漉き、
さらに型染技法を用いてオリジナルの柄と色合いの
和紙製品をつくり続けています。


今回入荷したのは、民藝の染色作家として知られる
芹沢銈介氏がデザインしたカレンダーを縮小した印刷普及版。



■「2017年版 芹沢銈介 卓上カレンダー(桂樹舎)」 1,200円(税抜)

12ヵ月全部柄が違います。



1~6月



7~12月

細かな柄と柄ごとに違うカラフルな色合いが
絶妙にマッチしていて、
今でもなお多くの人に愛され続ける普遍性と新鮮さがあります。

芹沢銈介氏は、日本古来の型染めと
琉球の紅型染め(びんがたぞめ)を研究していたのだとか。




カレンダーでありながら、インテリアの素敵な飾りとしても
十分威力を発揮します。

まだ時間があると思っていると、
新年を迎えてからカレンダーを用意するなんてことも。
ぜひお早めに!




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年10月25日火曜日

Sea & Sign高円寺スタンプラリー開催



10月29日(土)・30日(日)の2日間限定で、
高円寺に店舗を構える
「DEALERSHIP(ディーラーシップ)」
「cotogoto(コトゴト)」
「TASTE(テイスト)」
の3店舗を巡る、スタンプラリーを開催します!



「DEALERSHIP(ディーラーシップ)」


「cotogoto(コトゴト)」


「TASTE(テイスト)」




3店舗は、徒歩5分圏内。




各店舗に設置されたスタンプを上記のスタンプカードに押し、
すべて集めていただくと、
1,000円以上のお買い上げで300円が割り引きになります。

スタンプカードは、各店舗にスタンプと一緒に設置。
スタンプはご自由に押してください!
(つまり、ご購入いただかなくても、
お店に来るだけでスタンプがもらえちゃうんです!)

割り引きは、3店舗の全商品が対象となります。
お買い物の際に、レジにて3店舗のスタンプを押した
スタンプカードをご提示ください。

【ご利用期限】
2016年10月29日(土)~12月30日(金)
※お一人様1枚までのご利用とさせていただきます。


今週末は、高円寺の秋の風物詩とも言える
「高円寺フェス2016」も開催されます。



生演奏の練り歩きやストリートパフォーマンス、
古本市にカレーイベントなどなど、
高円寺の街中をフルに使った大イベント。


街歩きが心地よい季節、
ぜひ高円寺に遊びに来てください!




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



漢方染めのオーガニックコットン腹巻



オーガニックコットンを原料にした
ここちよく美しい製品をつくる「天衣無縫」から
新たに漢方染めのシリーズが登場です。



左から
■「漢方染め 腹巻 生姜(天衣無縫)」2,700円(税抜)
■「漢方染め 腹巻 なつめ(天衣無縫)」2,700円(税抜)
■「漢方染め 腹巻 キキョウ(天衣無縫)」2,700円(税抜)



締め付けがなく、薄手で伸びのいい腹巻は、
つけていることを忘れてしまうほど心地よく、
シルエットにも響きにくくなっています。
それでいて、じんわりとあたたか。
お腹や腰をあたためることで、
体全身があたたかく感じます。

体をあたためると言われている生薬で染めたカラーは、3種類。





オフホワイトの「生姜」。






薄いピンク色の「ナツメ」。






シックな青色の「キキョウ」。


やわらかな触り心地のコットン製は、
季節問わず活躍してくれます。
また、ネックウォーマーとしても使えます。

冷えは万病の元と言います。
「寒いな」「冷えた!」と思う前に
冷え予防をしっかりしたいものですね。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年10月23日日曜日

福岡県糸島の水と空気と土地が育む醤油



日本の食卓には欠かせない調味料のひとつ、醤油。
福岡県の北西部に位置する糸島にある
「ミツル醤油醸造元」から、
地元の大豆、小麦、玄界灘の自然海塩を使い、
木桶で仕込んだ手づくりの醤油が届きました!



右から、
「生成り、濃口 2011(ミツル醤油醸造元)」100ml 477円(税抜)
「生成り、うすくち 2015(ミツル醤油醸造元)」100ml 420円(税抜)
「いりこだしつゆ(ミツル醤油醸造元)」150ml 520円(税抜)

ミツル醤油醸造元の醤油の特徴は、
ワインのように仕込みの年を重視していること。
何年に仕込んだのかが商品名の一部となって記載されています。



「濃口」「うすくち」ごとに何種類かある中で、
「濃口」は2011年秋~2012年春にかけて仕込んだ「2011」、
「うすくち」は2015年秋~2016年春にかけて仕込んだ「2015」
をcotogotoではお取扱いしています。



「濃口 2011」。
大豆、小麦、食塩のみを使用した濃口は、
深みのあるどっしりとした味わい。



「うすくち 2015」。
大豆、小麦、食塩に米を加えてつくられたうすくち。
塩気の利いたさっぱりとした味わい。


「いりこだしつゆ」は、
糸島産のいりこだしに自家製土佐醤油を合わせ、
地元白糸酒造の純米酒、三年醸造本みりん、
粗糖で仕上げた旨みたっぷりの無添加つゆ。
麺類のつゆやお吸い物はもちろん、
豆腐やお浸しにかけても美味しくいただけます。


美味しい醤油があるだけで、
料理の腕が各段に上がります。
100mlと小さめサイズなので、
まずはぜひお試しください!




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年10月21日金曜日

大容量の頼れるポット(POTPURRI/ポトペリー)



POTPURRI(ポトペリー)の「Mulet(ミュレット)」シリーズに
たっぷりサイズが嬉しいポットが加わりました。



■「ミュレット ラインポット(POTPURRI)」 3,800円(税抜)
サイズ:約W195×D111×H130mm/容量:780ml


現代に暮らす人たちの「着る、暮す、食す」へ提案を行う
「POTPURRI(ポトペリー)」。
陶器のまち、岐阜県多治見市の陶磁器意匠研究所を卒業した2人が
立ち上げたブランドです。
ポトペリーの語源は、スウェーデン語で「混ぜ合わせ」という意味。
ひとつの美しい器にも、そのかたちの背景には優れた道具・人・技術があり、
製造過程に関わるすべての人・もの・文化の個性を大切に混ぜ合わせて
ものづくりに取り組みたい、という気持ちの表れです。

スウェーデン語で「曇り空」という意味の
「Mulet」と名づけられた器シリーズは、
コバルトや鉄分を多く含んだ土に、
信楽焼きの荒い土をブレンドした、独特の肌感が特徴。
その黒土に乳白の釉薬をかけることで、
ふわりとグレーがかった独特な色合いが生まれました。




このポットはシンプルですが、
780mlのたっぷり入る容量と、安定感のある形が嬉しいアイテム。
家族が多い方には毎日の食卓で重宝されること間違いなし。
美しいデザインはお客さま用にも申し分ありません。




大きなつまみが持ちやすい蓋を外すと、
目の細かいステンレス製の茶漉しが。
取り外し可能なので、お掃除も楽ちんです。



あたたかい飲み物が恋しくなる、これからの季節。
ほっこり温もりの伝わるミュレットシリーズで揃えて、
お茶時間を楽しんでください。


◎ミュレットのその他の器はこちら
◎プレートはオンラインショップからご購入いただけます




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年10月15日土曜日

HASAMIのブロックマグ用ソーサーが登場



400年もの歴史を持つ、長崎県の波佐見町を産地とする
「波佐見焼」から生まれたブランド「HASAMI(ハサミ)」。
"50~60年代アメリカのひなびたローサイドのカフェで
使われていた大衆食器"をイメージしてつくられたという、
ポップで無骨なデザインが人気です。

そんなHASAMIシリーズのなかでも
代表的なアイテム「ブロックマグ」と組み合わせて使える、
「ソーサー」が新登場しました!




■「ソーサー (HASAMI)」 各1,400円(税抜)

(一段目左から)
ネイビー、グリーン、グレー
(二段目左から)
ホワイト、マスタード、ブラウン
(三段目左から)
ブルー、レッド、イエロー

サイズ:約φ155×H20mm

※ブロックマグは別売りです。





真ん中にマグの底とぴったりあう
凹みがある、定番のかたちのソーサー。
マグ単体のときよりも、きちんと感が出るので、
お客さま用にもぴったりです。





HASAMIの特長と言えば、スタッキングできること。
それはソーサーについても同じです。
重ねてすっきりと収納できます。

さらにソーサーの高台は、マグの口にぴったりと重なるので、
マグとソーサーを組み合わせた状態でもスタッキング可能です。




マグとソーサーは同じ色でそろえずに、
あえて色違いで組み合わせても。
コーディネート次第で様々な表情を楽しめます。

→「HASAMI」のほかのアイテムについてはこちら




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



南景製陶園の本格派急須「黒くすべ」



三重県四日市市にて、急須の製造を主とする萬古焼メーカー「南景製陶園」。
現在では約300種類の茶器をつくる老舗です。

そんな南景製陶園が得意とするのが、「べんりー急須」という
底にステンレス製の網が埋め込まれている急須。
お湯を注いだ時に、茶葉がゆったり自由に広がって、
旨味がしっかり抽出されるのです。

これまでcotogotoでは、「菊型粉引急須」という
白い菊の形がかわいらしい形のものを扱っていましたが、
新たにより本格的な味わいのお茶を煎れられる「黒くすべ」シリーズが入荷しました。




右下から反時計回りに
■「急須 芙蓉 黒くすべ (南景製陶園)」 4,400円(税抜)
■「急須 鉄鉢 黒くすべ (南景製陶園)」 5,500円(税抜)
■「急須 杏 黒くすべ (南景製陶園)」 6,000円(税抜)

サイズ(Wは本体+持ち手、Dは本体+注ぎ口)/容量
■芙蓉:約W130×D115×H83mm(本体直径は約80mm)/190cc
■鉄鉢:約W165×D135×H85mm(本体直径は約97mm)/260cc
■杏:約W165×D135×H95mm(本体直径は約97mm)/320cc


南景製陶園が創業時からつくり続けているロングセラー「黒くすべ」。
鉄分の多い土を炭化焼成で黒く燻(くす)べています。
外にも内にも釉薬を掛けていないので、
鉄の効果でお茶の味がまろやかになるんだとか。

陶器と磁器の中間のような性質をもつ「炻器(せっき)」製で、
陶器と同じように土を原料としていますが、
吸水性がほとんどなく、叩くと磁器のように金属的な音がします。
においや色移りの心配がないので、様々な茶葉にご使用いただけます。

3サイズ展開で、どの大きさも
ほぼ曲線のみで形づくられており、真っ黒なのに、どこか優しい印象。
ぷくぷくとした赤ちゃんの身体のような、柔らかな形です。




一番小さな「芙蓉」は
一杯分のお茶を淹れるときに。
急須は平たい形のほうが、茶葉がつかるから良いとも言いますが、
底面すべてが網のなっている「べんりー急須」の場合は例外。
深さのある独特の形の「芙蓉」でも、美味しくお茶を煎れられます。




中くらいの「鉄鉢」は、1~2杯分のお茶に。



一番大きい「杏」は2~3杯分のお茶に。
「鉄鉢」と「杏」は高さ以外は同じサイズです。




ステンレス製の網は目が細かく、葉が詰まることはありません。
お茶を淹れ終わったら、さっと水でゆすいで乾かすだけで十分。
口が大きく開いていると、茶がらを捨てたり、洗うときも簡単です。

また、網と底の間には隙間があるので、
一煎目で注いだ後の残り湯が直接茶葉に触れず、
二煎目も美味しいお茶が淹れられると良いとこづくし。

お茶の時間の定番になること、間違いありません。





cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休