2016年3月12日土曜日

青森ヒバの箸と箸置き(Cul de Sac)



青森のヒバの木を使った箸と箸置きが新入荷しました。



手がけるのは、ファッションブランド「Cul de Sac(カルデサック)」。
デザイナーさんの実家が青森のヒバ屋であることから、
長年感じてきたヒバの魅力をプロダクト化したそう。

青森ヒバとは日本固有の樹木で、木曽ヒノキ、秋田スギと共に
日本三大美林に数えられています。
北国の厳しい風雪に耐え、スギの3倍もの時間をかけて
ゆっくりと育つヒバの木の木目は、とても美しく細やか。
ひのきやイチョウなど他の樹木に比べて水に強く、
カビや雑菌に対して驚異的な抗菌力をもっているので、
食卓まわりでの使用に適しています。

Cul de Sacでは樹齢250年以上の
廃棄処分されてしまうヒバの端材を主に用いて、
現代の暮らしにあうプロダクトを生み出しています。




■「箸置き (Cul de Sac)」 400円(税抜)

青森ヒバの枝そのままの箸置き。
素朴な自然の美しさが感じられます。



裏面は平らなので、安定して箸を置けます。



ひとつひとつ異なる木の表情。
ついついたくさん集めたくなります。


オンラインショップからご購入いただけます。
こちらをご覧ください。




一方、箸は2種類の展開。



■「ヒバくびれ箸 (Cul de Sac)」 2膳 1,200円(税抜)

無垢材をそのまま無塗装で仕上げたタイプ。
顔に近づけると、天然のヒバの清々しい香りがします。
2膳セットなので、かなりお買い得です。
来客用にもぴったり。



■「ヒバくびれ箸 輪島塗り (Cul de Sac)」 1膳 2,300円(税抜)

輪島塗りで仕上げたタイプは、漆ならではの高級感があります。



どちらも握りやすいよう、くびれがあるのが特徴。
そしてとても軽く、滑りにくいのです。

箸置きと組み合わせて使えば、
食卓に森の香りが漂ってきそうです。





cotogoto (コトゴト)新店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休