2014年10月8日水曜日

中村銅器製作所から銅製のゆき平鍋とシチュー鍋が新入荷しました



こんばんは。
本日は、中村銅器製作所の「銅 ゆき平鍋」と「銅 シチュー鍋」が
新たに入荷しましたのでご紹介します。


左手前から時計まわりに
■銅 シチュー鍋 18cm 45,000円(税抜)
■銅 シチュー鍋 21cm 50,000円(税抜)
■銅 ゆき平鍋 21cm 15,500円(税抜)
■銅 ゆき平鍋 18cm 18,500円(税抜)

東京の下町・足立区で親子4代にわたり銅鍋をつくりつづける
中村銅製作所の銅鍋は、全国の一流料亭の料理人も愛用するプロ仕様。

中でも、ご家庭で使いやすいゆき平鍋とシチュー鍋をご用意しました。


いくら眺めても見飽きない、銅ならではの美しい光沢。

銅鍋は、一度使うと手放せなくなるといわれています。
「鍋の王様」と称されるには、それ相応の理由あってこそ。

銅の最大の特長は、熱伝導率が高いこと。
熱が食品にすばやく伝わるのはもちろんのこと、
鍋底の温度が均一になるので、ムラなく火が回ります。
保温性もあるので、火力は弱めで充分。
煮物やシチューなど煮込み料理に最適です。
味がまろやかに仕上がります。

また、銅イオンが作用して野菜が色よく仕上がるメリットも!



ゆき平鍋には、別売りの蓋もございます。
■銅 ゆき平鍋 蓋 18cm 6,000円(税抜)
■銅 ゆき平鍋 蓋 21cm 6,500円(税抜)

銅鍋というと、扱いが難しいというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

確かに、銅の特長として、湿り気の多いところに放置しておくと
「緑青(りょくしょう)」というサビが出ることがあります。
無害なものなので、普通に洗って落としていただき、
そのままお使いいただいて大丈夫です。
また、料理を長時間鍋に入れたままにしておくのもサビの原因になるので、
料理後はなるべく早く料理を他の器へ移す一手間も必要です。

とはいえ、銅鍋は耐久性も優れているので、
正しい使い方とお手入れをすれば、一生ものの鍋になります。
使い込むうちに鍋の状態がよくなり使い勝手もアップ。
また、色も落ち着いた飴色へ。
使い続ける楽しさやうれしさを感じさせてくれる鍋なのです。

そろそろ「ちゃんといいもの」を揃えたいと思っている方、
また、婚礼シーズンの10月、これから新しい生活をはじめられる方、
ぜひ銅鍋をご検討ください!

現在店頭のみでのお取り扱いとなりますが、
もちろん、お電話・メール・FAXでのご注文も承っておりますので、
お気軽にご連絡くださいませ◎

cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 3-45-13 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:12:00-20:00
無休