2013年7月13日土曜日

東屋から新しくお茶の道具と擂鉢が入荷いたしました



こんにちは。7月も半ばにさしかかり、猛暑日が続いています。
冷たいものをごくごくと飲みたくなりますが、
温かいお茶のほうが、夏バテ防止に最適なのだそう。
暑い夏だからこそ、じっくりとお茶の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

そこで、まずは東屋から新しく入荷した、
平急須、汲み出し湯呑み、茶托、茶匙2種をご紹介します。



平急須は、急須の産地として名高い愛知県常滑でつくられたもの。
最後の一滴まで注ぎきってもらうために考えられた形の急須です。



ボディと一体になっている茶漉し部分は、目が細かく、面積を広くとっているため,
茶葉の目詰まりが抑えられ、おいしくお茶が淹れられます。


さらりとした手触りと、蓋に手を添えたときの馴染みのよさ、
蓋がぴったりと本体におさまるのも、心地よいのです。

■平急須 後手(東屋) 5,250円



平急須で淹れたおいしいお茶をいただくのにおすすめなのが、
汲み出し湯呑みです。

草陶石でこしらえた生地に、木の灰を混ぜた土灰釉をかけた湯呑み。
風合いのある質感がお茶の色を引き立たせてくれます。
縁の丸みが、口に添うよう工夫が凝らされているので、やさしい口当たりです。

■汲出し急須(東屋) 1,050円



そして、湯呑みと一緒に使っていただきたいのが、
銅に錫メッキが施された茶托です。

使い込んでいくと、だんだんと鼠色に変化していきます。
経年変化の味わいが楽しめますよ。

■茶托(東屋) 2,100円



また、茶匙2種も、銅に錫メッキが施されていて、
使っていくほどに深みのある銀色に変化していきます。

梨型は、丸みのあるかわいらしい形です。
平型は、きりりとシャープな印象です。
小ぶりなサイズなので、収納にも便利です。

■茶匙 梨型(東屋) 1,890円
■茶匙 平型(東屋) 1,260円



次に、
夏の食卓におすすめな擂鉢と擂り粉木のご紹介です。


伊賀土でつくられた擂鉢はとても軽く、大きさもちょうどいいので、
作った料理をそのまま食卓へとお使いいただけます。




小ぶりな5寸サイズは、胡麻をすり、白和えや胡麻和えなどをつくるのにぴったり。
6寸サイズは、暑い時期には、とろろをすったり、冷汁をいただくのにもおすすめです。

■擂鉢(東屋)
五寸 3,885円
六寸 4,830円



山椒の木で作られた擂り粉木は、する度に木がほんの少し削られて、
山椒の香りがお料理を引き立てます。

また、山椒には解毒作用があると昔から言われています。
とても硬い木質なので、長くお使いいただけます。

■擂粉木(東屋) 
五寸用 840円〜



暑い日が続いていますが、実店舗では、サマーセールを行っています。
食欲の出ない夏にちょうどいい小さなお菓子から、
涼やかなガラスの器や、ステーショナリーなどなど、
楽しい商品がお買い得価格にてお求めいただけます。
みなさま、ぜひぜひ遊びに来てくださいませ。

「こんな暑い中、出かけられない!」という方には
お電話でのご注文も承りますので、お気軽にご連絡くださいませ。


cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 3-45-13 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:12:00-20:00
無休