2013年6月13日木曜日

amabro(アマブロ)から新しい商品のNAMASU(ナマス)が入荷いたしました。


こんにちは。

今回はamabro(アマブロ)の新しい商品
NAMASU(ナマス)のご紹介です。
















江戸時代の庶民の多様器であったNAMASU(ナマス)という名の「なます皿」。

なます皿は、元々はなます(酢の物)を盛り付けるお皿として使われてきたそうです。
深さがある少し大きめの、ちょうどいい器なので、
メインのおかずはもちろんのこと、具沢山のスープやシチュー、
フルーツやデザートと幅広くお使いいただけます。

柄は、蛸唐草と松竹梅の模様の上に金色の水玉模様が
新鮮な、「蛸唐草松竹梅文輪花」と














1600年代にオランダで大流行したチューリップを
当時の日本人が想像で描いた、空想のチューリップとその上を舞う鳥たちが
描かれた華やかな「チューリップ文輪花」。














とても優雅で美しいといわれる白鷺(しろさぎ)を
中心に洋風な葡萄のツタの絵柄が描かれた
上品な「白抜鷺文八角皿」














3種類。
どれも盛り付ける料理をさらに美味しく見せてくれます。
鮮やかなブルーのボックスに入っているので、
贈り物やお祝いにもおすすめです。