2011年9月20日火曜日

初秋の京都へ -1.観光編 の続き -



こんにちは。
今日の東京はぐぐっと寒くなりました!
台風が日本列島を横断するようですね。。。
一刻も早く過ぎ去ってくれることを祈ります!


さて、それでは、
前回の京都めぐりの続きを。

先日、私が行った中で特に見応えがあったのが、
京都・東山にある「建仁寺」。
日本最古の禅寺といわれているそうです。

開山したのは栄西禅師。日本に正式に禅を伝えた人です。
それと、中国から茶種を持ち帰って、
日本にお茶を広めた「茶祖」でもあるそうです。

禅のことはわかりませんが、
コーヒーよりも、かぜんお茶派の私にとって、
本当にありがたい人なのです。

で、800年以上前の鎌倉時代にできた建仁寺は、
建物自体は禅寺だけあって、派手さはありませんが、
簡素で美しく清々しさのあるお寺。

そして、見どころが盛りだくさん。



子どもたちがイキイキと遊ぶ姿のふすま絵や



4枚のふすまを使って描かれた龍のふすま絵。


そして、建仁寺といえば、国宝に指定されている
俵屋宗達の「風神雷神図屏風」!



やはり生で見ると、どこか威圧感すら感じるほどの迫力。


そして、さらにド迫力なのは、こちら。



おおお。

これは「法堂」の天井に描かれた「双龍図」。
大迫力なのですが、龍の顔をよく見ると
ちょっと、かわいい。。。

龍って、鼻の穴が大きいんですね。
つい、「まんが日本昔話」のオープニングを思い出してしまい、
アノ歌が頭の中をリピートしていました。
(なんて下世話…)



そして、日本庭園「潮音庭(ちょうおんてい)」へ。







本坊の中庭にある、ほぼ正方形のお庭です。
まだ青々とした紅葉がとてもきれいでした。
秋が深くなったら、赤に染まって
さぞきれいなんだろうな。


庭は、四方のどこから見ても正面に見えるように
つくられているそうです。


たくさんの人が、庭のまわりに腰掛けて、
ゆっくりとした時間を過ごしているようでした。






今週末も三連休だし、
秋といえば、

そうだ 京都、行こう


というわけですから、
週末の予定がまだ決まってない方、
いかがですか?